M&A支援

M&Aは、「経営権の取得・売却」や「経営面での協力」などによって、企業価値/株主価値の向上を目的とする企業経営戦略上の手法です。
その利用形態は新規事業への参入、国際競争力の強化や国外進出などの地域拡大、企業グループ再編、事業再構築、業界再編成、生存競争、事業継承、シナジーや規模の効果など様々です。
ABDでは、M&A後の企業・事業運営も視野に入れ、事業・財務戦略立案から、各種調査(ビジネスデューデリジェンス・財務デューデリジェンス)、企業価値評価(バリュエーション)、条件交渉・取引実行、PMIに至る一連のプロセスをシームレスに支援します。

ご提案内容Proposal

  1. M&A戦略立案

    近年、法制度の整備や規制緩和に伴い取引形態・手続について選択肢が広がっており、 M&Aは業界トップの上場会社や急成長の企業、ベンチャー企業やオーナー会社など様々な企業にとって、有効的な戦略手法になってきています。ABDは、お客様が必要とされる独自性のある効果的なM&A戦略の立案をサポートいたします。

  2. 取引形態の選択肢検討

    M&Aと一口にいっても、株式交換、株式譲渡などによる株式取得、合併、営業譲渡、会社分割や資本・業務提携などその取引形態は多岐にわたります。そのため、M&Aを検討するには、会計・税務・法務・ビジネスに関して高度な専門知識が要求されます。ABDは、注意すべきポイントを整理・検討し、お客様のニーズに合った取引形態をご提案いたします。

  3. 企業価値評価・無形資産評価

    バリュエーションは、戦略策定のための全社・事業部門・投資先評価、交渉における価値評価の検討と実施、営業権(のれん)の評価など、M&Aの取引を通して重要かつ不可欠なものです。ABDは、取引の目的や交渉の立場に応じた評価を実施すると共に、評価の前提となる事業計画の策定・分析や財務シミュレーションによって取引のインパクトを分析いたします。

  4. 取引スケジュールの策定

    M&A取引は社内の人間だけではなく、弁護士・会計士などの専門家やFAなどとプロジェクトチームを組み、一般的に下記のようなステップを踏んで行われます。ABDは、M&Aスケジュールの策定・管理や事業デューデリジェンス・財務デューデリジェンスの実施だけでなく、専門家やFA間のコミュニケーション支援など、M&A戦略立案から取引後の対応まで総合的にコーディネートし、お客様に必要な事項をアドバイスいたします。

M&A実行支援ステップM&A Process

M&Aとは本来、個別案件の執行・クロージングだけではなく、M&A戦略の立案・相手先選定から相手先との統合作業までの包括的プロセスを意味します。そのプロセスは一般的に以下のような流れで進んでいきます。