事業再生支援

ABDは、事業活動や財務状態に課題のある企業に対して、事業と財務の両面から深く構造を分析することによって、実現性の高い事業再生計画を策定し、またその計画の実行までを経営陣と一体となってサポートすることで、事業の再生を支援します。

またABDでは、以前から中小企業再生支援協議会や金融機関等と連携して、各種支援に取り組んできております。事業再生支援においては、事業DD・財務DDから計画策定、債権者等との交渉や組織再編実行までの一連の実務について、円滑なサポートが可能です。
→ABDの実績につきましては、公的機関・金融機関との取組実績をご覧下さい。

ご提案内容Proposal

  1. 窮境要因および根本的課題の特定

    事業再生を進めるにあたっては、会社の窮境要因および根本的課題の特定と、その課題に合った改善施策を盛り込んだ再生計画が必要不可欠です。そのためには財務会計データだけでなく、外部環境データと営業・購買・製造・物流等のオペレーションデータを組み合わせて事業・財務構造を分析することによって、会社の窮境要因および根本的課題の特定を行います(事業デューデリジェンス・財務デューデリジェンスの実施)。

  2. 改善施策の決定

    事業・財務構造分析によって抽出された課題1つ1つに対して、経営陣および現場と一体となって、その会社における現実的に実行可能な改善施策を策定し、その改善効果を定量化することによって、各施策の優先順位を決めていきます。併せて会社の財務状態によっては、抜本的な再生のためのストラクチャー(DDS/DES、第二会社方式による債務免除、スポンサースキーム等)の検討も行います。

  3. 事業再生計画策定

    再生に向けてのストラクチャー設計や、改善施策を盛り込んだ数値計画(BS・PL・CF)およびアクションプランを策定し、それらをわかりやすくストーリー化した事業再生計画を策定します。そしてその事業再生計画を基にして、金融機関等のステークホルダーからの支援に対する同意獲得や、従業員に対する再生計画説明を支援します。

  4. 施策実行支援

    策定した事業再生計画が絵に描いた餅にならないよう計画策定を支援したコンサルタントが継続して、新たなオペレーションデータの計測・KPI管理の定着化・ITシステム導入も含めたマネジメントインフラ構築、タスクフォース運営等の施策実行支援や、ステークホルダーに対する計画進捗状況の説明支援を行います。また会社分割や事業譲渡等の手法を用いて抜本的再生を目指す場合には、バリュエーションや分割貸借対照表作成等の各種エグゼキューションも担当します。

ご提案の流れFlow

  1. チーム組成

    STEP1

    案件ごとに最適なメンバーを選定し、専門家と連携したプロジェクトチームを組成。

  2. 事業・財務構造分析

    STEP2

    外部環境データと財務データや各種オペレーションデータを基に窮境要因と根本的課題を特定。

  3. STEP3

    改善施策の決定

    事業・財務分析より抽出された各種課題に対して、現実的に実行可能な改善施策を決定。

  1. STEP4

    再生計画の策定

    改善施策を定量化し、改善効果を盛り込んだ財務諸表をベースとした事業再生計画を策定。

  2. STEP5

    アクションプランの策定

    経営陣と一体となって、改善施策をいつ・誰が・どのように実行するのかというアクションプランを策定。

  3. STEP6

    ステークホルダーへの
    説明支援

    金融機関等への説明に同行し、事業再生計画に対する同意獲得をサポート。

  1. STEP7

    施策の実行支援

    アクションプランが遅滞なく実行され、早期に改善効果を発揮するよう、経営陣の施策実行を支援。

  2. STEP8

    計画の進捗管理

    事業再生計画の進捗状況をステークホルダーへ説明。軌道修正が必要であれば、早期に対応策を実行。